内科について

目標

成田育成会の理念
私達スッタフ一同は病める方々に限りない思いやりと労わりの心を持って接します。そして日進月歩の高度先端医療を絶えず取り入れ、医の倫理を守り情報を開示し、皆様とご家族の幸せと健康を守ることを使命とします。

成田病院の歩み

昭和18年6月

故成田幾治(京都大学卒、ハルピン大学産婦人科教授)により現在の地に創設。以来、長年にわたり地域社会に密着した産婦人科として、誠実に貢献。

平成3年

現理事長 成田収が名古屋大学より帰院し、高度先端医療(体外受精)に対応すべく設備を一新し、生殖医療を専門としながらも一般婦人科疾患から出産まで含めた総合的な女性医療を担う施設として体制作りをして参りました。

平成12年1月

JRセントラルタワーズ19階クリニックセンターにレディスクリニック「セントソフィア」を新設しました。本院(成田病院)との連携をとりつつ皆様の一層の利便性の向上を図ると共に、厚生労働省の定める産婦人科臨床研修指定病院と生殖医療指導医在任施設として患者さんに満足していただける最高水準の医療を目指してスッタフ一同日々研鑽を重ねています。

平成23年4月

本院の本館1階南東に待望の内科を本格開設いたしました。産婦人科病院の専属の内科として妊娠前後も含めて幅広い世代の女性の健康管理を行うと共に、地域に根ざした質の高い医療を目指して診療を行っています。同じ施設内という利便性に加え、産婦人科と緊密な連携のもと、特にお薬に神経を使う妊婦さんや授乳中の母親の方にも安心して受診していただける内科も目指しています。

これからも引き続き信頼できるファミリードクターとして”優しくわかりやすい医療”を提供していきます。

伊藤内科・血液内科 医師  伊藤達也

このページのトップへ