総合案内、在宅診療・往診

診療科目

総合内科

総合内科専門医、指導医として長年にわたる豊富な経験を元に、また本来の専門である全身管理を得意とする血液内科、血液・腫瘍内科的な視点もふまえて、患者さんの体調管理を精神的・身体的両面から的確にサポートしていきます。

在宅診療・往診

在宅医療とは

在宅医療は、外来に通院できない方、病院ではなくご自宅で過ごしたい方のための医療です。医療機関への送迎などご家族・介護の方のご負担を軽減したい方にもご利用いただけます。

西大須 伊藤内科・血液内科の在宅診療に対する考え方

ご自宅で療養が可能な患者さんに、出来る限りの充実した時間を、住み慣れたご自宅で安心して過ごしていただくために、24時間対応のチーム医療で責任をもって全面的にバックアップいたします。

(提携医療機関 日比野内科クリニック)

最近はより快適で安心できる在宅療養を支えるための、多職種による包括的な制度が急速に整備されつつあります。当院もお住まいの近くの訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所と連携・協力しながら、患者さんの「かかりつけ医」として定期的に訪問し、医療的な管理のみならず、患者さんの生活全般にわたり責任を持って支援していきます。

また緊急時におきましても訪問看護師と連携しながら状況に応じて、往診におうかがいし、もし入院が必要と判断した場合には責任を持って連携病院への紹介もさせていただきます。

在宅医療を受診いただける方

  • ・患者さんご本人とご家族が在宅療養を希望される方
  • ・当院の訪問範囲内にお住まいの方(名古屋市内およびその周辺地区

対象疾患

  • ・脳梗塞などで、身体機能が低下した方
  • ・神経難病や肺疾患などで、呼吸器管理を必要とする方
  • ・排泄の医療的管理を必要とする方
  • ・認知症の方
  • ・がん末期で痛みのケアを必要とする方
  • 血液疾患で頻回の輸血(在宅輸血)を必要とする方など
※上記の診療時間以外の「訪問診療(定期)」、「往診(臨時の訪問診療)」も受け付けています。

在宅療養支援病院について

当院は在宅療養支援病院の届出をしています。

  • 1)居宅で療養する患者さんからの連絡を24時間体制で受け付けています。その上で、必要に応じた往診や電話指示を行います。
  • 2)他の医療機関(病院)と連携し、万一の緊急入院の受け入れ体制を確保しています。
  • 3)患者さんのご要望に応じ、訪問看護ステーション等の他の医療機関と連携して24時間体制で緊急対応できる体制を確保します。

在宅診療時間

原則として定期診療は下記の時間帯となります。

月、火、木、金曜日

13:00~16:00

19:00~21:00

水曜日

9:00~21:00(終日)

土曜日

13:00~21:00

血液・腫瘍内科医として30年におよぶ豊富な臨床経験をもとに、入院中の担当の先生とも連携を取りながら、ひとりひとりの患者さんに最善の治療を提供していきます。特に血液疾患に関しては、ご自宅での輸血をはじめ専門性の高い診療も可能です。

現在入院あるいは通院中でご希望の方は、担当医の先生、看護師さんあるいはご施設の病診連携室や医療社会福祉相談室の担当の方にお声賭けいただければ迅速に対応いたします。

また現在自宅療養中でご希望の方は、直接当院内科へご連絡いただくか、あるいは地域包括支援センターやお近くの訪問看護ステーション、担当のケアマネージャーにその旨ご相談いただければと存じます。

当院の最近の在宅診療実績

当院では平成26年秋から本格的に在宅診療に取り組んでいます。
特に『血液疾患の患者さんにも在宅療養の選択肢を』という理念のもと、赤血球だけでなく血小板にも対応した在宅輸血をサポートすることで、これまで入院でしか診ることができなかった輸血依存性の高い重症の血液疾患の患者さんにも在宅療養のチャンスをご提供しています。ご要望に応じてお看取りにも対応しています。こうした専門性の高い『血液在宅診療』は全国的にも非常に先進的な取り組みとして注目されつつあります。

(1)平成28年1月までの在宅診療実績

 

 

患者数(人)

死亡(人)

看取り(人)

看取り率(%)

血液疾患

白血病/MDS

7

6

5

 

悪性リンパ腫

7

4

4

 

多発性骨髄腫

6

3

1

 

特発性血小板現象性紫斑病

2

0

0

 

骨髄増殖性腫瘍

1

1

1

 

小計

23

14

11

78.6

その他

胃癌

2

2

0

 

直腸癌

1

1

0

 

肺癌

1

1

1

 

膀胱癌

1

0

0

 

子宮癌

1

1

1

 

認知症

4

3

2

 

脳梗塞

3

1

0

 

褥瘡

1

0

0

 

小計

14

9

4

44.4

合計

37

23

15

58.3

(2)血液在宅診療における血液製剤の使用量と廃棄率 平成26年11月~平成28年1月

①赤血球製剤:

2単位製剤、

計74回(148単位)

廃棄;4回、計8単位、廃棄率;5.4%

②血小板製剤:

10単位製剤、
15単位製剤、

計33回(330単位)
計5回 ( 75単位)

計38回(405単位) 廃棄;0回

※全国の平均廃棄率は、赤血球製剤2.71%、血小板製剤0.38%

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップへ